ITパスポート 国家試験 バイト

試験監督アルバイトについての体験談

 

私は都内の大学に通う20歳の大学生です。大学では経済学部に所属し、日々まったりと勉強をしています。

 

私が試験監督を行った会場は東京の水道橋にある試験会場でした。この時にはITパスポートという国家資格の試験監督をやらせていただきました。

 

集合時間は休日の朝8時で拘束時間は4時間でした。

 

仕事内容は会場に入ってきた受験者たちに資料を渡し、それぞれの席に案内することに始まり。試験開始直後の説明と試験開始の合図。試験が終了した時の合図と退出時の説明でした。あと最後に少しだけ掃除というか整理整頓を手伝わされました。

 

報酬は時給1100円でしたので、1日で4400円稼げました。更にここに交通費が500円支給されましたので合計4900円が3バイトが終了してから3日後に振り込まれていました。

 

試験監督のアルバイトはなかなか求人数自体が少ないアルバイトであり、人気もそこそこあるので応募したからと言って採用されるものではありません。事前に行われる面接で印象が悪いと不採用になることもあるようです。

 

なのでこれから試験監督のバイトをしたいと考えている人は面接対策をきっちりすることをオススメします。業務内容は簡単な事の繰り返しなので、そこまで気にしなくてもいいと思います。