大学の期末試験の試験監督をしました!かなりおすすめですよ

試験監督のアルバイトは、貧血持ちの方にだけはオススメできません

 

私が行った試験監督のアルバイトは、大学の期末試験の試験監督でした。

 

正直に言いますと、かなりオススメなアルバイトです。女性の私でも簡単に仕事が出来ました。

 

拘束時間は試験時間の90分と、その直前の30分程度です。

 

仕事内容はといえば、答案配付と受験票確認、試験中の巡回、答案回収の4項目だけなので、事前に口頭で仕事内容を教えられるだけで研修などはありません。

 

報酬は時給制ではなく、1試験1200円でした。時給に換算すれば1時間600円程度と安いです。

 

しかし、仕事中のほとんどが、ただ立っているだけなので、それでお金が貰えるのなら文句は言えないだろうとも思いました。支払いは大学からの銀行振り込みでした。

 

試験監督のアルバイトは、資格・経験などが必要ないので、初めてアルバイトをする方にオススメです。
仕事内容も少ないので、受験者の解答用紙や受験票を紛失しない限りは、大きなトラブルなども起きないと思われます。

 

服装に関しては、指定などされない限りは特に注意する必要もないでしょう。 ただ、足音が響くような靴は避けた方が無難です。革靴やパンプスなどは意外と音が響くものもありますので、靴選びは慎重に。

 

最後に試験監督のアルバイトは、貧血持ちの方にだけはオススメできません。

 

ずっと、立っていないといけませんからね。