即金手渡し

現金手渡しが学生には嬉しいtoeic

私は20代後半の女性で、大学の学部から院にかけていくつかの試験監督のアルバイトを経験しました。というのも、大学でのアルバイト募集で試験監督の仕事って多いんです。

 

特に数をこなしたのはTOEICです。試験会場は私立の大学が多く、私は高田馬場にある大学でよくやっていました。集合時間は朝の8時くらいだったかと思います。他の試験と比べて、特別に早いわけでもありません。

 

仕事内容は答案配り、答案集めで、試験中は巡回を行います。どういう基準かはわかりませんが、受付の仕事に回されていたひともいました。また、「こちらがTOEICの会場です」という案内も行います。というのも、当日はひとつの大学で他の試験も行われていることがあり、受験者が迷わないようにするためです。

 

TOEICは拘束時間が短めで、午後3時くらいまでだったでしょうか。報酬は確か6000円くらいで、その場で現金手渡しです。ただ、事前の説明会に参加する必要があるので、その際にも交通費として1500円くらい出ましたね。
試験監督のバイトは大変ではありませんが、指示する人の対応の仕方でやりやすさが大きく変わります。しかし、基本的にやることは変わらないので、なるべく経験者の話を聞いて、当日どのように動いたらいいのか具体的にイメージしていくことが大切だと思います。